外貨MMF

 
* 紅きダニューブ

失われた流れを求めて †
ぼんやりとサッカー温故知新  トータル・フットボール ウィリー・マイスル エリック・バッティ...


     

 
記事ページ(TOP)へ(新着順表示) ( ▷ 今月記事の公開順表示へ )
 

 古くさい三つのBの伝説やパス&ゴー云々。“今 ここ” だけではないサッカー沃野....
 

P.図解例
 

 積年の疑問だったダニューブ・フットボール。さかのぼって調べてみても、いまだ茫洋としております。
 当ブログのスタート時にたくさん引用した「サッカー・レボリューション」は、このドナウ式サッカーで育ったウィリー・マイスルの著作です。ウィーン、ドナウ流域は、マイスルの時代にあっては大陸ヨーロッパ・サッカーの本流。その地で行っていたサッカーは、英国草創期スタイルの一つを継承・発展させたものと思われ、技巧と、そして動きで崩すポジショニング・ゲーム、往古の “トータル・フットボール”…。「サッカー・レボリューション」の中で、マイスルはさらに流動性を発展させた将来のサッカーを予想し、望み得る最良のものを“Whirl”、渦巻きと称しました。
 
 長らくポジショニング固定に傾きすぎていたプロ・サッカーの試合ぶりが、二十一世紀になって流動性を取り戻し始めたかのようで、2007年には、アーセナルやローマなどの一流クラブがポジション・チェンジを多用して成功、マンチェスター・ユナイテッドまでが似た方向性を示していました。本来的なボールなしの動きが復権していくのか、ふたたび揺り戻されて、固着ポジショニングの役割分担サッカー、スペシャリスト礼賛に返るのか。
 
 サッカーは日々休まずに進歩するように称されます。しかし、かつてのスタイルと通底する流動サッカーが、たとえば「0トップ」「複雑系」などと呼ばれたりして、最新モデルの一つだと騒がれました。また、今さら馬鹿馬鹿しくなるような「人もボールも動く」といったスローガンまでもてはやされました。過去と同一ではないとはいえ、ある種の復古です。
 
 最新環境に順応する競争をしている中、下層の技術水準は向上し、選手は大柄になったようです。かたや、三つのBやパス&ゴー等々、過去の常識は一部忘却された模様。最先端は最良と同義でもなく、そして本質は変わっていないにもかかわらず。日々進歩? ここ五十年前後の間、人間は体格が少し巨大化しただけのはずでは?






 映るでしょうか。西ドイツ戦同点劇は1分30秒あたり。

     


P.Berlin
最近のエントリー
[] スポンサーサイト
[979] 3バックと4バックの差  長友ならば大活躍できそうなサッカーだけど
[978] ガスペリーニではインテルが駄目になる?  オランダの伝統的マン・ツー・マン・ディフェンス
[977] バルサ型ビルドアップ形式の徹底と、トータル・フットボール
[976] 何のためのバルサ的な機械化なのか  硬直アルゼンチン
[975] ダニエウ・アウベスが代表のレギュラーに  しかしブラジル、勝てず
[974] アルゼンチン対ボリビア 見ておこう、安定しない攻撃サッカー
[973] ガンソが三角形の重心でパスを受け、ネイマールにスルーパス 乱闘のファイナル2
[972] 監督たちのミラノ・デルビー そしてアッレグリと
[971] ガスペリーニ戦術「マン・ツー・マン・ディフェンス」がよくわかるACミランとの対戦 …お詫びと訂正
[970] うまくいかないガスペリーニの3-5-2
 
最近記事へのコメント
▷  可視か瑕疵か < コリバノフ
▷  「異端派・奇跡?・・反対!」 < 杉本
▷  返.スペイン対イングランド(アンダー21選手権) 疑惑のゴールズ < コリバノフ
▷  スペイン対イングランド(アンダー21選手権) 疑惑のゴールズ < かくに
▷  返.一瞬のエジル どうも低調なドイツ < コリバノフ
▷  一瞬のエジル どうも低調なドイツ < 杉本
▷  返.日本対チェコ  これでいいのか3-4-3、遠藤不要 < コリバノフ
▷  日本対チェコ  これでいいのか3-4-3、遠藤不要 < ax3ko74
▷  返.ニワトリか、タマゴか  サッカー論理の妄想的なステレオタイプ < コリバノフ
▷  ニワトリか、タマゴか  サッカー論理の妄想的なステレオタイプ < 代表ウォッチャー
 
開始から1週間の記事とコメント
[1]● 三つのB
三年B組  < コリバノフ
vincenzo  < コリバノフ
[2]● 三つのK
三年B組  < コリバノフ
[3]● 大河ドナウ
[4]◆ オフサイド変更は改悪だった?
ブランク  < コリバノフ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。